トップ > 展示された代表的作品

展示された代表的作品

展示された代表的作品の記事一覧

HIS

パオロ・ヴェロネーゼ「パドヴァの聖アントニオの説教」

1580年頃の作品。 パオロ・ヴェロネーゼはヴェネツィア派の画家。 崖の上に立つ聖人アントニオが体をよじって指し示す指と、背後の空の雲が何かを物語っています。 ...

パオロ・ヴェロネーゼ「パドヴァの聖アントニオの説教」の続きを読む>

ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ「枢機卿シピオーネ・ボルゲーゼの胸像」

1632年頃の作品。 ベルニーニは彫刻家、建築家、画家として才能溢れたバロック芸術の巨匠。 枢機卿シピオーネ・ボルゲーゼによって早くから才能を見いだされ、次々と作品を発表した。 この胸像からは美術品収集家ボルゲーゼの風格が漂います。 ...

ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ「枢機卿シピオーネ・ボルゲーゼの胸像」の続きを読む>

カラヴァッジョ「洗礼者ヨハネ」

1610年頃の作品。 バロック絵画の先駆者と言われるカラヴァッジョの生涯は、映画「カラヴァッジョ 天才画家の光と影」として2010年に日本で公開されました。 羊の隣で何かに座っている洗礼者ヨハネが描かれています。 カラヴァッジョの晩年の作品です。 ...

カラヴァッジョ「洗礼者ヨハネ」の続きを読む>

サンドロ・ボッティチェリとその弟子たち「聖母子、洗礼者ヨハネと天使」

1488-90年。 トンドと呼ばれる円形の絵画。 幼児であるキリストを抱いている聖母マリアが中央に描かれています。 それを洗礼者ヨハネがひざまずいて見上げ、後ろには6人の天使の姿があります。 ...

サンドロ・ボッティチェリとその弟子たち「聖母子、洗礼者ヨハネと天使」の続きを読む>

ラファエロ・サンツィオ「一角獣を抱く貴婦人」

1505-06年の作品。 20代のサンツィオによって描かれました。 ボルゲーゼ美術館の至宝と言われる作品が日本に来たのです。 「モナリザの微笑」を想起させる構図ですが、モナリザより気高い様子がうかがえる女性モデルの正体は今でも不明。 一角獣はユニコーンと呼ばれ、処女に抱かれると静かになる伝説の生き物...

ラファエロ・サンツィオ「一角獣を抱く貴婦人」の続きを読む>

正社員として就職